「6mAM長屋」と掲示板のご説明 ようこそ!! この掲示板はラグチューまたはワッチ感覚でお楽しみください。
どなたが投稿されても構いませんが◆匿名や
◆クリック勧誘等 の書き込みは即刻削除します。

添付ファイル[添付]の拡張子は gif, jpg, png, txt, lzh, zip, wav, asf, mid,mp3 可能
添付は200KB未満を目安に! \(^o^)/ 設定は各自お好みに変更可能。
 長屋と掲示板の説明はここ↑
3 / 649 ツリー ←次へ | 前へ→

17.2KHzのVLFの電波(CW)について JN1CAK 19/6/28(金) 0:00
┗ Re:17.2KHzのVLFの電波(CW)について JN1CAK 19/6/28(金) 13:36

17.2KHzのVLFの電波(CW)について
 JN1CAK  - 19/6/28(金) 0:00 -

引用なし
パスワード
       JN1CAK/小野です。QST誌の本年(2019年)7月号の66〜69頁に、SAQというコールサインを持つスウェーデンの、現在は世界遺産となっている長波(VLF)局すなわちGrimeton Stationn がこの6月30日の日曜日に17.2KHzの電波(CW)を出すとのことです。数日後ということです。年2回の予定で、もう一回はクリスマス・イブとのこと。

 受信報告書を出すとQSLカードを発行すると、www.alexander.n.se には書かれています。youtubeでもこの施設の様子を見ることが出来ます。

 もともとは第一次世界大戦での欧州とアメリカ合衆国との間の連絡の脆弱性を補うべく構想され、1924年12月1日にSAQのコールサインで、この局は初めて稼働され、今日では現役を引退をしているわけですが、稼働可能な状態で保存されているとのことです。往時は200kWで、現在は80kWとのこと。

 発電装置とアンテナの写真がQST誌にも掲載されています。6月30日の何時に送信が開始されるかは申し訳ないですが、読み込めませんでした。Ultra High Frequencyの世界と対照的なVery Low Frequencyのイベントです。参考まで。 
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p2316252-ipngn17101hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp>

Re:17.2KHzのVLFの電波(CW)について
 JN1CAK  - 19/6/28(金) 13:36 -

引用なし
パスワード
    小野です。多分、SAQの今回の送信は日本時間では日曜日(6月30日)の午後8時(USTで1200)であると思われます。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p2316252-ipngn17101hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp>

3 / 649 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
351077
(SS)C-BOARD v3.8 is Free
管理人へメールを書く JF1DHM 斉藤
ハムフェア画像 2000年
店子のHP JH1WBG(ハムランド) JF1VHX JF1DHM