「6mAM長屋」と掲示板のご説明 ようこそ!! この掲示板はラグチューまたはワッチ感覚でお楽しみください。
どなたが投稿されても構いませんが◆匿名や
◆クリック勧誘等 の書き込みは即刻削除します。

添付ファイル[添付]の拡張子は gif, jpg, png, txt, lzh, zip, wav, asf, mid,mp3 可能
添付は200KB未満を目安に! \(^o^)/ 設定は各自お好みに変更可能。
 長屋と掲示板の説明はここ↑
6 / 651 ツリー ←次へ | 前へ→

1200MHzの受信部(フロントエンド) JN1CAK 19/5/18(土) 11:39 [添付]

1200MHzの受信部(フロントエンド)
 JN1CAK  - 19/5/18(土) 11:39 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : アップバーターの受信部(frnt-end).jpg
・サイズ : 186.4KB
    JN1CAK/小野です。当方の自作1200MHzアップバーターの受信部(front-end)は、2SK571を用いた「ローノイズアンプ」(『1200MHzマニュアル』モービルハム臨時増刊、1986年5月、56ページ。初出記事は『モービルハム』誌1983年8月号、105ページ)を真似たものでしたが、今回画像のような接続をして、自分としては成功したと思っています。

 もともとは共にJH1UGF槇岡さんの制作記事でしたが、今回私は「このトリマの調整がポイントよ」と書かれている部分のギガトリマーを取り去り、L1共振棒に直にハンダ付けして、好結果を得ました。L1共振棒へのハンダ付の位置も変更しています。もともとの様子は是非上記『マニュアル』ないし『モービルハム』誌をご覧下さい。

 私は決してJH1UGF槇岡さんを批判しているのではなく、私の調達した部品でやっていたトリマー経由でのL1共振棒への接続ではなく、それをショートさせ、かつハンダ付けの位置がずれた結果、SN比が改善したという偶然の出来事を報告しているだけです。

 front-endの部品(トリマー)を実は誤ってショートさせたのでして、かつ偶然に次の回路への受け渡し場所が変更された結果、その瞬間にnoiseが消えて、signalが浮かび上がったという経験をしたわけです。計算があっての出来事ではありませんでした。なので、当初は「あれ?」という感覚でした。

 ただ私自身にとっては、1200MHz受信における数十年来の課題が解決した瞬間であり、JH1UGF槇岡さんにまずは報告したい気持ちです。

添付画像
【アップバーターの受信部(frnt-end).jpg : 186.4KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p2316252-ipngn17101hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp>

6 / 651 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
352012
(SS)C-BOARD v3.8 is Free
管理人へメールを書く JF1DHM 斉藤
ハムフェア画像 2000年
店子のHP JH1WBG(ハムランド) JF1VHX JF1DHM