「6mAM長屋」と掲示板のご説明 ようこそ!! この掲示板はラグチューまたはワッチ感覚でお楽しみください。
どなたが投稿されても構いませんが◆匿名や
◆クリック勧誘等 の書き込みは即刻削除します。

添付ファイル[添付]の拡張子は gif, jpg, png, txt, lzh, zip, wav, asf, mid,mp3 可能
添付は200KB未満を目安に! \(^o^)/ 設定は各自お好みに変更可能。
 長屋と掲示板の説明はここ↑
11 / 648 ツリー ←次へ | 前へ→

1.2GHz用のBPFとして JN1CAK 19/2/9(土) 16:24 [添付][添付]

Re:1.2GHz用のBPFとして JN1CAK 19/2/11(月) 11:30 [添付]

Re:1.2GHz用のBPFとして
 JN1CAK  - 19/2/11(月) 11:30 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 机上(2).jpg
・サイズ : 168.2KB
   JN1CAK 小野です。前言撤回ですが、結果として、送信機とアンテナの間のインピーダンス・マッチングに寄与するに至っていると思います。

 自作のコンバーター(親機の145MHzとコンバーターの局部発振回路の1154MHzとを混合し、その1295MHzを0.6Wまで増幅)において、その送信出力端子までのインピーダンスがアンテナ系と同一の50Ωとなっている保証は、回路の設計者においてのみで有り、その回路を組み立てた私には無しだからです。

 今回のクラニシRFバランサー・RB-13によって、初めて「アンテナ系と同一の」インピーダンス(50Ω前後)にコンバーターの出力回路が安定する結果を得たのだと考えます。

 その限りで、クラニシRFバランサー・RB-13を取り除いての運用、そして同時にバードの通過型電力計を取り除くことが1.2GHzでは出来なくなったように思われます。自作を好む者にとっては好ましいことではない次第です。

添付画像
【机上(2).jpg : 168.2KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p2657137-ipngn18201hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp>

11 / 648 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
350335
(SS)C-BOARD v3.8 is Free
管理人へメールを書く JF1DHM 斉藤
ハムフェア画像 2000年
店子のHP JH1WBG(ハムランド) JF1VHX JF1DHM