「6mAM長屋」と掲示板のご説明 ようこそ!! この掲示板はラグチューまたはワッチ感覚でお楽しみください。
どなたが投稿されても構いませんが◆匿名や
◆クリック勧誘等 の書き込みは即刻削除します。

添付ファイル[添付]の拡張子は gif, jpg, png, txt, lzh, zip, wav, asf, mid,mp3 可能
添付は200KB未満を目安に! \(^o^)/ 設定は各自お好みに変更可能。
 長屋と掲示板の説明はここ↑
19 / 648 ツリー ←次へ | 前へ→

JF1AFMオートダイン投稿記事 JF1GYO@黒川 16/10/1(土) 7:25

Re:JF1AFMオートダイン投稿記事 JF1GYO@黒川 17/4/6(木) 20:36
┗ Re:JF1AFMオートダイン投稿記事 JF1GYO@黒川 17/4/6(木) 20:50 [添付]
┗ Re:JF1AFMオートダイン投稿記事 JF1GYO@黒川 17/4/6(木) 21:01 [添付]
┗ Re:JF1AFMオートダイン投稿記事 JF1GYO@黒川 17/5/21(日) 5:38
┗ Re:JF1AFMオートダイン投稿記事 JF1GYO@黒川 17/7/23(日) 5:52 [添付]

Re:JF1AFMオートダイン投稿記事
 JF1GYO@黒川 E-MAIL  - 17/4/6(木) 20:36 -

引用なし
パスワード
   小野さん
 お久しぶりです。JF1GYO@黒川です。

 7.195MHzでこの高瀬OMに教えていただいた他励同期式0−V−2で送受信可能に成りました。
アンテナ→6U8(再生検波)→6AW8A(AF増幅)→スピーカ
外部からの信号も入力可能で高瀬OM方式をコピーさせていただきました。

机上でいくら考えてもどうしても同期できるアルゴリズムを考えつかず非線形発振回路と言われてもなに? アドラーの方程式とかアーノルドタングとか言われてもそれがどうして位相までロックできるのか全く全く理解できません。

そこでどうしても自分でこの手でこの目でこの耳で同期するその瞬間をオシロスコープとスペアナの画面とにらめっこしたくてオートダイン受信機を製作してみました。

自然はシンクロしたがると言ったのは、著名な数学者スティーブン・ストロガッツ博士です。高瀬OMに教えてもらった方法で疎結合した私の0−V−2は鮮やかにシンクロします。
鳥肌が立つ状況で感動してしまいました。

写真をアップします。

こんど、この0−V−2でQSOお願いいたします。

DE JF1GYO@黒川
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16242-ipngn3601funabasi.chiba.ocn.ne.jp>

Re:JF1AFMオートダイン投稿記事
 JF1GYO@黒川 E-MAIL  - 17/4/6(木) 20:50 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 他励同期式オートダイン.JPG
・サイズ : 179.2KB
   写真がアップできないので再度

添付画像
【他励同期式オートダイン.JPG : 179.2KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16242-ipngn3601funabasi.chiba.ocn.ne.jp>

Re:JF1AFMオートダイン投稿記事
 JF1GYO@黒川 E-MAIL  - 17/4/6(木) 21:01 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : プラグインコイルその2.JPG
・サイズ : 226.0KB
   プラグインコイルを自作しました。

添付画像
【プラグインコイルその2.JPG : 226.0KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16242-ipngn3601funabasi.chiba.ocn.ne.jp>

Re:JF1AFMオートダイン投稿記事
 JF1GYO@黒川 E-MAIL  - 17/5/21(日) 5:38 -

引用なし
パスワード
   皆様 お世話になります。JF1GYO@黒川です。

個別にメールを頂いた一部の方にはお知らせしましたが、
エントリーしていた高瀬OMよりご教授頂いた追試実験機がハムフェア2017年自作品コンテスト一次審査に合格しました。

他励同期式0−V−2受信機をDDSVFOとセットで二次審査に望みます。
6U8→6AW8Aというシンプルな構成の0−V−2受信機に外部から信号を注入しオートダインモード時の周波数不安定さを解消する構成です。

VFOは、FPGAを使ったちょっと複雑なモノですが今回は、デジタル送信機の基礎であるこちらではなく波の不思議な特性、アナログ発振回路の不思議な引き込み現象を体験できるシステムとしてエントリーしたモノです。

入賞できれば実機を展示できるのですが、写真くらいは展示してもらえるかも知れませんのでご紹介します。
論文の検証については長くなるのでここへは掲載しませんが、0−V−2受信機というか検波回路のIMD3特性が検波回路(発振回路)の引き込み検証と関連が有りそうだという事が判ってきました。

ではでは ハムフェアー会場でアイボール出来たら光栄です。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16242-ipngn3601funabasi.chiba.ocn.ne.jp>

Re:JF1AFMオートダイン投稿記事
 JF1GYO@黒川 E-MAIL  - 17/7/23(日) 5:52 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2017自作品コンテスト機.JPG
・サイズ : 255.9KB
   皆様
 お世話になります。JF1GYO@黒川です。

 エントリーしていました2017JARL自作品コンテストは、残念ながら選外とな
りました。
過去の入選作品と比べるとコンセプト、完成度、仕上がり具合どれをとっても
見劣りするので想定はしていましたが残念です。
もう少し腕を磨かねば皆様に披露出来そうにないですね。
例年ですとフェアー会場に写真が掲載されるのですが、先にここへもアップさ
せて頂きます。
下にあるのがFPGAを使ったフルデジタルVFO、右が、2015年に選外とな
った2E26パラレルAM送信機です。
外部信号で同期が掛かるのでこの送信機とトランシーブします。
0−V−2受信機でトランシーブし周波数は、現代機並に安定するところが、
この構成の良いところです。
DE JF1GYO

添付画像
【2017自作品コンテスト機.JPG : 255.9KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p16242-ipngn3601funabasi.chiba.ocn.ne.jp>

19 / 648 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
350335
(SS)C-BOARD v3.8 is Free
管理人へメールを書く JF1DHM 斉藤
ハムフェア画像 2000年
店子のHP JH1WBG(ハムランド) JF1VHX JF1DHM